Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

再編前

メガバンク再編前の名称

更新日:

いつもありがとうございます。

本ブログの管理人(十九代目大吉右衛門)です。

メガバンクになった経緯等はWikipediaより引用しています。ご参考までに

日本ではバブル景気が崩壊した1990年代以降、日本の銀行(邦銀)はいずれも過剰融資による不良債権で急速に体力を失っていった。また同時に、総会屋に対する利益供与事件が明らかになったり、その不透明な融資体制、護送船団方式により喪失した国際競争力などもあり、こうした問題の解決に迫られた。

これらの諸問題の包括的な是正のため1996年第2次橋本内閣はその政策の柱に「金融制度改革」いわゆる金融ビッグバンを提唱。1998年には独占禁止法が改正され持株会社の設立が可能になり、統合のための制度的環境が整備された[2]

一方で1997年には北海道拓殖銀行山一證券が、翌1998年には日本長期信用銀行日本債券信用銀行が破綻し、社会からの金融に対する信頼は大きく低下。「銀行が潰れる」という事態が現実のものとなり、その他の大手銀行にも経営不安がささやかれるようになる。

こうした危機感の中、銀行の統合による規模の経済性、多角化による経済性、コスト削減効果等により見込まれる経営改善効果を期待した邦銀は、1999年以降雪崩を打って再編へ走り出す。こうして1970年代から1980年代に「都銀13行」「大手20行」と呼ばれた各行は、段階的な合併劇を繰り返した末、2006年には4大銀行(三菱東京UFJ銀行みずほ銀行三井住友銀行りそな銀行)、3大メガバンク(三菱UFJフィナンシャル・グループみずほフィナンシャルグループ三井住友フィナンシャルグループ)体制に落ち着いた。

企業の株式持ち合いなど日本独自の慣行を取っており、3メガバンクは2015年6月時点で株を合計6兆5000億円(取得原価ベース)も保有していたが、アベノミクスの成長戦略の中の企業統治強化に伴い、金融庁から持ち合い株売却の規制を受けている[3]

以前、金融部門のシステムを担当してた際に、全ての銀行の再編履歴を扱っていたので、多少記憶に残ってる程度です。
メガバンクや地銀の再編を現時点で一部を分かる範囲でまとめてみました。




☆メガバンク&一部地銀

みずほ銀行

再編前:富士銀行、第一勧業銀行、日本興業銀行

三井住友銀行

再編前:神戸銀行、太陽銀行、太陽神戸銀行、三井銀行、太陽神戸三井銀行、さくら銀行、住友銀行、わかしお銀行

三菱東京UFJ銀行

再編前:三菱銀行、東京銀行、東京三菱銀行、三和銀行、東海銀行、UFJ銀行

埼玉りそな銀行/りそな銀行

再編前:協和銀行、埼玉銀行、協和埼玉銀行、あさひ銀行、大和銀行

実家が埼玉県でしたので埼玉銀行を20歳くらいまで取引していましたが、銀行再編で埼玉りそな銀行とりそな銀行が2つ存在するので、何が違うのか調べる気がおきませんm(__)m

横浜銀行

再編前:なし

 


-再編前

Copyright© 休眠口座の解約でいくら儲かるか , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.